助成金手続き

「もし、助成金制度を先に知っていれば」と多くの事業者様が言われる言葉です。

  1. 助成金の存在を知らなかった
  2. 助成金が該当すると思っていなかった
  3. 申請が面倒だった

助成金の申請には、指定された期間内に行う必要があり、逃してしまうと一切受給することはできません。 多くの事業者様は、受給できたであろう金額を聞いてビックリする方がほとんどです。

助成金を活用するポイント

  1. 起業したとき
  2. 人を雇うとき
  3. 事業活動の縮小に伴い、従業員を休業させたいとき
  4. 障碍者・中高齢者を活用するとき
  5. 定年を引き上げるとき
  6. 子育て期の短時間勤務制度を設けるとき
  7. 従業員を教育するとき

委託内容

助成金診断
助成金をもらうためには会社がどの助成金に該当しているかどうか確認しなければなりません。その中で事業者様がどの助成金に該当しているかどうかのアドバイスをします。
申請書作成
助成金の申請に必要な書類の作成して所定の行政関係窓口に申請の代行をします。
審査
申請後、行政機関で審査が行われます。その中で書類の訂正や追加資料を要求された場合に対応をします。

委託のメリット

多くの実績と豊富な経験により、事業者様の状況によってより良い助成金のサポートをすることができます。 事業者様すべての方に受給する権利があります。少しでも経営負担を解消できるようお手伝することが、社労士の役割でもあります。